ttl_ホクロ手術.jpg

大きいホクロや、気になる箇所にあるホクロを除去します。当クリニックでは手術による除去と、レーザーによる治療を行っています。小さなホクロに対しては主にレーザーによる治療、大きなホクロ、または悪性のホクロの場合には手術による治療を行います。実際にホクロを確認し、最適な治療を選択します。どちらもごく短時間で痛みも少ない治療ですので、気になる方はまずはカウンセリングにお越しください。
手術時間・レーザー治療:約5分
・手術:約15分
術後の腫れほとんどなし
回復期間4〜5日間 ※あかみが取れるまで2〜3ヶ月
術後の通院1週間後・1ヶ月後に再診
料金・手術 15,750円~
・レーザー
直径2mm以下 5,250円~
直径2-4mm 21,000円
直径4mm以上 31,500円

ホクロ治療 治療詳細

治療には炭酸ガスレーザーによる治療と、外科的手法による方法の2種類があります。4mm以下の小さなホクロはレーザーでの治療が可能です。それ以上のもの、厚みのあるタイプのホクロは外科的手術がおすすめです。炭酸ガスレーザーは色に関係なく組織すべてに反応しますので、色のないホクロの除去も可能です。またピンポイントに照射できますので、周りの組織に対するダメージも最小限です。

大きなホクロをレーザーでとると皮膚組織の中にとりきれていない母斑細胞が残ると、ホクロが再発することがありますし、場合によっては陥凹した傷になることがあります。

ご自分のホクロが悪いものではないかどうかご心配な場合には外科的手術を行い病理することで良性か悪性かの判断が可能です。脂漏性角化症の場合は、比較的大きなものでも炭酸ガスレーザー治療が可能です。

レーザー・手術の適応

●手術
・悪性(癌)の可能性のあるもの
・確実な診断を必要とする場合
・直径が5mm以上の場合

レーザーで治療すると凹みが長く残り、かえって目立つこともあります。また、皮下組織が少なく骨が出ているところもレーザー治療後に凹みやすいところです。したがって、ホクロの部位や大きさによりレーザーの適応を考慮します。
●レーザー治療
炭酸ガスレーザーレーザーの適応は、基本的にはホクロ直径が4mm以下。この程度の大きさであれば、治療後の傷もほとんど目立つことなく治ることが一般的です。
取り去った直後は、凹みが生じますが、大きさにもよりますが、2~7日程度でおおよそ平らになります。
その後、赤み・硬さが表れます。
1~4ヶ月で徐々に経過しして、目立たなくなっていきます。まれに、傷が盛り上がることがありますが、その際は受診してください。

ホクロの種類

ホクロとは小さな黒褐色の皮膚病変で、そのほとんどは良性です。一般的にホクロと呼ばれるものは『色素細胞母斑』と『脂漏性角化症』があります。

1)母斑細胞母斑(いわゆるホクロ)
生まれつきのもの、子どもの頃から見られるものが多く、7〜8mm程度までのものがほとんどです。急に大きくなることはありません。色は淡褐色から黒色で、年齢によって色が薄くなる傾向があります。平坦なものから隆起するものまであります。

2)脂漏性角化症
中年以降によく見られる病変です。顔、首などに多く見られ、大きさは1〜2cm程度、急に大きくなったと心配になり来院されることもあります。色は褐色で表面が少しざらざらした顆粒状で、周りとの境界ははっきりしています。

3)注意が必要なホクロ
50歳以上になってから顔や頭に、灰青黒色のホクロ様病変として生じ、徐々に大きくなる傾向のあるものは基底細胞がんの可能性があります。また7mm以上の不規則な形の病変が急にあらわれた場合には悪性黒色腫などの病気が疑われることがあります。早期の診断、治療が必要ですので早めの受診をおすすめします。
色素性母斑.jpg 色素性母斑(いわゆるホクロ)
脂漏性.jpg 脂漏性角化症
皮膚がん.jpg 皮膚がん

よくあるご質問

-治療時間はどのくらいですか?
-炭酸ガスレーザーによる治療は5分程度、手術は大きさ、性状にもよりますが、15分程度です。
-治療中の痛みはどうですか?
-外科的手術の場合は、局所麻酔を行います。炭酸ガスレーザー治療は麻酔なしでもほとんど痛みはありません。
-レーザー治療の場合、経過はどうなりますか?
-ホクロを除去した直後は、ホクロの部位がすこしへこみ赤くなります。10日程度たてば肌は自然に再生されます。それまでは洗顔はかまいませんが、清潔に保って消毒し、軟膏を塗ってください。ホクロ除去に大切なのは紫外線から守ることです。必ず日焼け止めを使用してください。4〜8週で赤み、へこみがなくなり肌は再生してきます。
-外科的手術の治療後はどうなりますか?
-翌日から洗顔は可能です。1日1〜2回、患部の消毒、軟膏処置を行ってください。1週間後に来院いただき抜糸を行います。抜糸後、キズの保護のため、約1ヶ月のテーピングをおすすめします。手術によるキズは3〜6ヶ月の経過を経て、次第に目立たなくなってきます。
-健康保険の適応になりますか?
-ホクロ除去の治療は健康保険の適応になる場合もあります。カウンセリング時にご相談ください。

ホクロ治療 症例写真

症例1

hokuro_before2.jpg  治療前
hokuro_jafter2.jpg  治療直後
hokuro_after2.jpg  治療後10日
hokuro_after2m.jpg  治療後2ヶ月

症例2

hokuro_before1.jpg  治療前
hokuro_justafter1.jpg  治療直後
hokuro_after1.jpg  治療後8週
治療直後は治療箇所に若干のへこみ・赤みが現れます。手術後1~2日間は治療箇所へのお化粧は控えていただきますが、その後はファンデーションなどで十分に治療痕を隠すことができます。
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療