ttl_骨切りあご.jpg

横から見た場合に突き出していたり、出方が足りなかったり、前から見たときに長すぎたり、短すぎたりするあごの長さを調整する手術です。
あごの突出度については鼻先とあごの先を結ぶE-ラインを見て診断します。顔全体のバランスを把握したうえで最適なあごのラインを一緒に考えます。
手術時間1〜2時間
術後の腫れ2〜3週間
回復期間2〜3週間
術後の通院1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に再診
料金800,000円〜1,400,000円

骨切り(顎の形成) 施術詳細

あごの悩みの場合、骨格が原因である場合と、かみ合わせの問題があります。かみ合わせが悪く、あごを前に押し出してしまっている場合は歯列矯正が必要になります。

骨切りは、あごの骨の一部を切り取り、最適な長さに調整する手術。口腔内の切開から手術をします。そこから特殊な器具を入れ、骨を切っていきます。このとき、術後にあごのラインが不自然にならないように、あご先端のカーブはできる限り残したまま行います。 長すぎるあごの中段部分をだるま落としのように抜き取り、先端部をきれいに固定します。 顎の位置を変える場合は、前方に移動して固定します。 幅を狭くする時は、先端の中央部分を切除して固定します。

骨切り(顎の形成) 手術の実際

顎の形成_骨切り.gif
1:切除する範囲をデザインします。オトガイの切除はオトガイ神経孔の下、5~6mmの位置
2:デザインした範囲に沿って、上端を水平に、下端を上端に接するように斜めに切り抜く。出来るだけ顎を短くしたい場合は、両端とも水平に切り抜く
3:顎の先の骨片を固定。顎を前に出したい場合は多少前に出して固定する
4:最後に自然なラインを出すために、周辺の骨を削り、調整して完了
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療