ttl_ハンプ.jpg

ハンプとは鼻を横から見たときに段のように突出した部分のことで、鼻骨と軟骨の結合部分が盛り上がっていることが原因です。この手術ではハンプを取り除き、鼻筋がまっすぐになるように形成します。
ハンプのある鼻は一般的にわし鼻・段鼻と呼ばれ、男性的な印象が強くなりがちです。また横顔の印象を大きく左右するため、お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。
手術時間約1〜2時間
術後の腫れ1〜2週間
回復期間約2週間
術後の通院術後4日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に再診
料金500,000円〜

ハンプ形成 施術詳細

ハンプは鼻骨の突出であると思われていますが、実は骨だけでなく、軟骨も突出しています。そのため手術では、突出している鼻骨・鼻背軟骨移行部を含めて鼻骨および鼻背軟骨の突出部を切除する必要があります。手術は症状が軽度の場合は、鼻孔の中からの切開で行いますので、傷跡は外からは見えません。専用のノミやヤスリを用いてハンプを削り平らにします。中等度—重症のハンプや斜鼻を合併する場合は、鼻柱部分にも切開を延長し、いわゆるオープン法(オープンライノプラスティー)を選択し、直視下に正確にハンプを切除します。  ハンプの切除部は、open-roofと呼ばれ、鼻骨・鼻背軟骨の頂上部にあたり、ハンプ切除後に平坦になるので、そのままですと鼻すじが広くなります。 これを避けるために、外側および内側の鼻骨骨切りを行い両側の鼻骨・鼻背軟骨を中央に寄せて、自然な鼻すじを整えます。

ハンプ形成 手術の実際

【ハンプ切除+骨切り】
この手術ではハンプを構成している、各鼻軟骨、鼻骨などの要素を一塊として切除します。(1)
術前の切除部位のデザインに沿って、軟骨、鼻骨上にも直接切除範囲のマーキングを行います。(2)
はじめに骨・軟骨移行部に切除予定幅よりほんのわずか控えめにメスを水平に入れる。(3)
ハンプa_1.png
1:マーキングに沿って正確に鼻背軟骨の突出部を鼻尖に向かって切除していく
ハンプa_2.png
2:次にオステオトームと呼ばれる器具を使い、鼻骨ハンプの切除を行う
ハンプ_a3.png
3:骨切りが終了した後は、軟骨・鼻骨部分ともに一塊として切除。
【鼻骨骨切り術】
骨切り術はもともと、わし鼻の原因であるハンプ切除後のopen roofを閉じる手段として考案されました。しかし、今日ではその他にも下記のような幅広い目的で施行されています。

1:ハンプ切除後の open roof を閉鎖する
2:広い鼻の基部を狭くする
3:外鼻の外側壁の変形をまっすぐにする

また、骨切りはその切除ラインによって、外側骨切り術・内側骨切り術・ハンプ切除の3つの手法に分類されます。(右図)
hump.gif
鼻骨骨切り術の切除ライン
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療