ttl_目頭切開.jpg

目頭切開は(通常は内眼角形成術と呼ばれる)、日本人をはじめとするアジア人の特徴である蒙古ひだという目頭を覆う皮膚を形成することで、目頭の形だけでなく、目の表情を変える手術です。目を中央に向けて大きくすることができる、目頭の表情が西洋人化する、いわゆる並行型の二重と合わせて目の表情を作ることできる、などの特徴があります。
蒙古ひだが原因で希望の二重が形成できないこともあるため、二重の手術と同時に行ったり、二重の方が二重の形を大きく変更する際に合わせて行うこともあります。
手術時間約1時間
術後の腫れ2~3日
回復期間2、3日
術後の通院1週間で抜糸、1カ月・3カ月後に受診
料金350,000円〜

目頭切開 治療詳細

目頭切開にはいくつかの手術法があり、蒙古ひだの状態やご希望二重の形や幅・目の表情に合わせて、手術法は選択します。当院では、国内で最も一般的に行われているW形成法と、切開範囲が小さく、負担が少ないZ形成法を用いて手術を行ないます。

【W形成】
蒙古ひだをW型に切除することから、W形成法と呼ばれている手術です。また、内田法と呼ばれることもあります。手術は図のように、目頭の皮膚をW型に切開し、そのWの中央の三角皮弁を目頭の奥に差し込むように縫合します。これにより従来の単純に切り取るだけの手術で見られた、ヒキツレ、術後拘縮による後戻りを高い確率で解消することができます。

【Z形成】
蒙古ひだをZ型に切開することから、Z形成と呼ばれている手術です。W形成のように皮膚を切除せず、切開して出来上がった皮弁を立体的にずらして縫合することで、目の幅を大きくします。皮膚の切開範囲が短いため、縫合部にかかる張力が小さいため、術後すぐでも傷跡が目立ちません。また皮弁を入れ替えているため、後戻りの心配もありません。

目頭切開 手術の実際 

【Z形成】

z形成1.png
1:目頭の先端をZ型に切開する   2:2つの三角形の皮弁を起こす   3:2つの皮弁を入れ替える     4:縫合を行う
z形成2.png

5:反対側の皮弁で起こす      6:皮弁を入れ替え、欠損部を覆う  7-8:余剰皮膚のトリミングを行う
z形成3.png

9:形状を突壁に合わせる      10:丁寧に縫合を行う       11:傷跡はデザインのZの反対向きになる
【W形成】

w_目頭切開.png

1:目頭にW型にデザインを入れる
2:蒙古ヒダに沿って、デザインした箇所の皮膚を切除。内眼角を露出させる
3:切除した皮膚を縫合する。この際、Wの真ん中の三角皮弁は内眼角に差し込むように縫合することで、切開による欠損を保護することができる
4:残りの箇所を丁寧に縫合して終了

目頭切開 症例写真

当院の症例

megashira_before.jpg
megashira_after.jpg
切開式重瞼術、眼窩脂肪形成術、目頭切開(W形成術による内眼角形成術)を同時に行った症例。
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療