ttl_乳房つり上げ.jpg

加齢などの影響により、下垂してしまった乳房をハリのある上を向いたバストに修正する手術。余剰な皮膚を切除し、引き上げ、乳首を上向きに整える手術なので、サイズダウンの心配はありません。また、軽度の場合はインプラントなどを使用して整えることも可能です。カウンセリングで希望のデザインや手技についてご相談ください。
手術時間約3時間
術後の腫れ1週間
回復期間1〜2週間
術後の通院4日後・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に再診
料金1,000,000円

乳房つり上げ術 治療詳細

症状が中程度の場合は、傷跡が少ない方法を選択します。乳輪周囲の皮膚を同心円状に切開し、余分な脂肪を切除しながら乳輪に向かって巾着上に縫合していきます。傷跡は乳輪周囲にのみできるため、ほとんど目立ちません。
症状が重い場合は、乳輪を残して錨型に皮膚を切開します。より切開範囲を大きくすることで、重度の下垂でも対応できますが、傷跡も大きくなります。

乳房吊り上げ術 手術の実際

【Round法】
軽度の下垂に対する手術。乳輪の周りの皮膚をドーナツ状に切除し、巾着のように縫い縮めることで、下垂を修正します。
乳房吊り上げ3_1.gif
1:切開範囲のマーキングを行う
乳房吊り上げ3_2.gif
2:マーキングしたラインに沿って、表皮を切除する
乳房吊り上げ3_3.gif
3:乳腺組織や脂肪などを集めて、上方に移動サせながら、切開の外周を巾着縫合
乳房吊り上げ3_4.gif
4:外周表皮は巾着縫合により、乳輪の周囲に寄ってくる
乳房吊り上げ3_5.gif
5:乳輪周囲で再び縫合を行ない、終了。傷跡は乳輪周囲に隠れるため、ほとんど目立たない
【Vertical法】
中程度の下垂の場合に適用になる手術です。乳輪周囲だけでなく、乳房下部までを切開し、脂肪を除去します。
乳房吊り上げ1_1.gif
1:乳輪周囲から乳房下部に掛けて切開する範囲をデザイン
乳房吊り上げ1_2.gif
2:理想のラインまで乳房を引き上げる
乳房吊り上げ1_3.gif
3:切開ラインに沿って、皮膚を切除する
乳房吊り上げ1_4.gif
4:乳房下部の余剰脂肪と乳腺を一部切除。切除量は下垂の程度により決定
乳房吊り上げ1_5.gif
5:左右の脂肪層を縫合
乳房吊り上げ1_6.gif
6:皮膚を縫合し、終了。傷跡は乳輪周囲と縦方向の傷跡のみ。
【逆T字法】
下垂が重度の場合に適応となる手術。乳輪周囲から乳房下部に掛けて、錨型のように皮膚を切開し、バストを形成します。縫合後に逆T字の傷跡が出来るため、このように呼ばれています。確実にバストを挙上出来る反面、傷跡が大きいため、現在ではあまり行われていません。
乳房吊り上げ2_1.gif
1:切開範囲のマーキングを行う
乳房吊り上げ2_3.gif
2:デザインに沿って、乳房の表皮を切除
乳房吊り上げ2_4.gif
3:乳房下部から余剰脂肪や乳腺の一部を切除する
乳房吊り上げ2_5.gif
4:切開を行った範囲を逆T字になるように縫合していく。その際、上部の円形の部分に乳輪が来るように挙上する
乳房吊り上げ2_6.gif
6:乳輪周囲、乳房下部に掛けて丁寧に縫合を行ない、終了

乳房つり上げ術 症例写真

当院の症例

breastlift_before.jpg
breastlift_after.jpg
breastlift_before_side.jpg
breastlift_after_side.jpg
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療