ttl_乳頭縮小術.jpg

乳頭縮小術は、通常よりも大きい、または授乳により大きくなってしまった乳頭を縮小する手術です。太さや長さなどをバスト全体とのバランスを見ながら、理想的な形に乳頭に形成します。また授乳や感覚などの機能を損なう心配もありません。
手術時間約30分
術後の腫れ4〜5日
回復期間約1週間
術後の通院1週間後に抜糸、1ヶ月後に再診
料金300,000円

乳頭縮小術 施術詳細

乳頭縮小術には太さを調整する方法と、長さを調整する方法があります。以下でその手法をご紹介します。両方とも気になる場合には2つの手法を組み合わせて対応します。
乳管や神経に極力傷を付けない手法で行いますので、授乳機能や感覚は損なわれることはありません。また傷あともほとんど目立ちません。

乳頭縮小術 手術の実際

【太さを調整】
乳首の向かい合う部分をくさび型に切除し、縫い合わせることで太さを調整します。さらに小さくしたい場合には削除するピースの角度を大きくします。最大で120°間隔でカットすることも可能です。
乳頭縮小1_1.gif
1:乳頭の対角線上をそれぞれくさび形に切除。この際、乳管を傷つけないよう注意する
乳頭縮小1_2.gif
2:くさび形に切除した乳頭をそれぞれ縫い縮める
乳頭縮小1_3.gif
3:縫合を行ない、終了
【長さを調整】
乳首の根元部分の表皮のみを削除し、乳房の皮膚と切除されていない乳頭を縫い合わせ、切除した部分を乳房の中にもぐらせることで、長さを調整します。
乳頭縮小2_1.gif
1:乳頭基部から理想の長さに合わせて、乳頭の皮膚を切除
bust_0401_01.gif
2:乳頭の先端部と、乳頭基部を糸で結び、切除した箇所を乳房内に潜り込ませるように縫い縮める
乳頭縮小2_3.gif
3:縫合して、終了。通常高さは5mm~10mmに設定
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療