ttl_陥没乳頭.jpg

乳首が乳房の内側に埋没している陥没乳頭を修正する手術。陥没乳頭は授乳器官である乳管の先天的な短絡が原因です。この手術では乳管を伸ばし、正常な状態に戻します。再発を防止するため、術後一週間ほど簡単な固定を行います。授乳などの機能を損なわないよう、丁寧に施術いたしますので、安心してお越しください。
手術時間約30分
術後の腫れ約5日
回復期間約1週間
術後の通院1週間後に抜糸、1ヶ月後に再診
料金300,000円

陥没乳頭の形成 治療詳細

将来の授乳時に機能障害が出ないよう、乳管を温存した手術を実施します。
手術はティモリアン法と呼ばれる手術を行ないます。まずは陥没した乳頭を糸を使って露出させます。その後、乳頭の根元部分を薄く切開し、葉状の皮弁を形成。その後、皮膚の下を通して交差するように反対側の切開箇所に縫合します。またその際に固定用の糸を通し、再発を防止します。切開の傷もわずかで、また乳輪の皮膚にまぎれるため、ほとんど目立ちません。
陥没乳頭.jpg
ティモリアン法 手術の実際

陥没乳頭の形成 症例写真

当院の症例

kanbotsu_before.jpg
kanbotsu_after.jpg
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療