ttl_再生医療骨移植.jpg

再生医療の技術を用いて、最終的に自分の骨に置き換わる素材を利用した額形成術です。
この方法は、当クリニックオリジナルの方法で、大学での研究テーマを応用してオリンパスとの共同開発を行ったものです。自身の骨に置き換わるため、感染症や拒絶反応などの心配がない、低侵襲な治療と言えます。
手術時間2〜3時間
術後の腫れ1〜2週間
回復期間1〜2週間
術後の通院4日後・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に再診
料金1,050,000円

再生医療骨 施術詳細

再生医療骨による額形成術については、まず移植する再生医療骨の生成を行います。元となる素材には吸収され、骨に変わる性質を持つバイオアクティブセラミックスを使用。これに自身の細胞から採取した骨髄、PRPと呼ばれる成長因子を混ぜ合わせます。自身の細胞を配合することで、移植部の骨の形成を促進します。徐々に骨形成が始まり、最終的に全て自分の骨に置き換わります。

手術は、毛髪に隠れる前頭部から切開し、切開箇所から筋膜や皮膚を剥離して、額の骨を露出させます。そこに生成した再生医療骨を接着し、理想の形に合わせて、デザインを行ないます。デザインが終わったら、剥離した筋膜や皮膚を戻し、縫合して終了です。
インプラントと比べ、拒否反応などの問題は少ないですが、自身の細胞を利用するため、採取できる量は限られます。額をどれくらい前に出したいか、希望をお聞きした上で施術を選択します。

再生医療骨 手術の実際

hitai_1.png
1・2:耳の付け根から、前頭部の髪の中をを通るように切開を行ない、皮膚を剥離。術部を露出させる
3:骨髄穿刺液・PRP・三酸化リン酸カルシウムを混ぜ合わせ、移植する再生医療骨をつくる
4:剥離した皮膚を戻し、縫合して終了
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療