ttl_頬骨.jpg

頬の骨が高く張っている、または横に張り出している状態を改善する治療。口の中を切開し、特殊な器具を使用して、頬骨を削ります。口の中での切開なので、傷あとは表面に現れません。頬骨が張り出していると、男性的な印象を与えたり、頬がこけてみえることで、老けた印象を与えることがあります。顔全体のバランスを見て、最適なデザインを行いますので、ぜひカウンセリングにお越しください。
手術時間2〜3時間
術後の腫れ2〜3週間
回復期間2〜3週間
術後の通院1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に再診
料金735,000~1,260,000円

頬骨の形成治療詳細

軽度なものは口の中からだけで行います。中等度以上の場合、頬骨の幅(横への出っ張り)も減らすことにより、
すっきりした小顔になります。
頬骨の突出(前方)を治すためには、口の中から頬骨の出ている部分を特殊な器具で削ります。それと同時に顔の幅(頬骨の幅)を小さくするためには、耳の前の5〜6mmの切開から頬骨弓というところの骨を切り、口の中から頬骨の出っ張りの後の骨を切って骨をずらして顔の幅を狭くする方法、通常は3-D malor plasty が一般的です。それぞれの骨格に合わせて微調整がききます。

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療