ttl_下眼瞼開大術.jpg

目の上下の幅を広げる手術。特に目の外側を広げる目的で行います。基本的には結膜側、まぶたの裏側から切開を行うため、傷跡は残りません。引き下げの度合いが大きい場合は、下まぶたの下を切開し、縫合することでより目を大きくさせることができます。術後は目尻が引き下げられることにより、アーモンド型の優しい目元になります。目を大きくするだけでなく、つり目に悩んでいる方や、垂れ目にしたいという方にも効果があります。
手術時間1-2時間
術後の腫れ3-7日
回復期間1週間-10日
術後の通院1週間で抜糸
料金¥450.000〜

下眼瞼開大術 治療詳細

手術には、どの程度の引き下げを行うかにより、結膜側(裏側)と皮膚側(表側)からの2つのアプローチ方法があります。引き下げが軽度の場合は、結膜側を切開し、capsulo-palpebral fasciaと呼ばれる筋膜を縫い縮めて下まぶたを裏側から引き下げます。
より大きな効果を期待される方は、この方法に加え、皮膚側(表側)からのアプローチも合わせて行ないます。
手術は、まつ毛のラインから1~2mm程度の位置の皮膚を2~4mm幅、切除します。切除部位を縫い縮めることで、結膜側だけでなく皮膚側からも引き下げられ、より目を大きく見せることができます。

下眼瞼開大術 手術の実際

皮膚側 下眼瞼開大術.png
1:皮膚の切除範囲をマーキング   2:2~4mm幅で皮膚・眼輪筋を切除  3:下方向に皮膚を縫い縮める     4:縫合終了
結膜側
下眼瞼開大術b.png

1:瞼板のふちに沿って2cm切開
2:瞼板とcapsulo-palpebral fasciaと呼ばれる筋膜を縫い縮める
3:縫合を行ない、終了
お問い合わせ

診療科目

美容外科
美容皮膚科
再生医療